RJ326845 宗教団体真メグデス「BAD SISTERS(IA、ゆかり、メイコ、GUMI他)」付録「DTM講座」「機材紹介」他 [20210509]

宗教団体真メグデス「BAD SISTERS(IA、ゆかり、メイコ、GUMI他)」付録「DTM講座」「機材紹介」他 無料ダウンロード (pdf,rar,zip)


紹介ページ : RJ326845
RJ326845 宗教団体真メグデス「BAD SISTERS(IA、ゆかり、メイコ、GUMI他)」付録「DTM講座」「機材紹介」他 [20210509]
RJ326845 宗教団体真メグデス「BAD SISTERS(IA、ゆかり、メイコ、GUMI他)」付録「DTM講座」「機材紹介」他 [20210509]
RJ326845 宗教団体真メグデス「BAD SISTERS(IA、ゆかり、メイコ、GUMI他)」付録「DTM講座」「機材紹介」他 [20210509]
RJ326845 宗教団体真メグデス「BAD SISTERS(IA、ゆかり、メイコ、GUMI他)」付録「DTM講座」「機材紹介」他 [20210509]
RJ326845 宗教団体真メグデス「BAD SISTERS(IA、ゆかり、メイコ、GUMI他)」付録「DTM講座」「機材紹介」他 [20210509]
RJ326845 宗教団体真メグデス「BAD SISTERS(IA、ゆかり、メイコ、GUMI他)」付録「DTM講座」「機材紹介」他 [20210509]
RJ326845 宗教団体真メグデス「BAD SISTERS(IA、ゆかり、メイコ、GUMI他)」付録「DTM講座」「機材紹介」他 [20210509]
RJ326845 宗教団体真メグデス「BAD SISTERS(IA、ゆかり、メイコ、GUMI他)」付録「DTM講座」「機材紹介」他 [20210509]
RJ326845 宗教団体真メグデス「BAD SISTERS(IA、ゆかり、メイコ、GUMI他)」付録「DTM講座」「機材紹介」他 [20210509]
RJ326845 宗教団体真メグデス「BAD SISTERS(IA、ゆかり、メイコ、GUMI他)」付録「DTM講座」「機材紹介」他 [20210509]
RJ326845 宗教団体真メグデス「BAD SISTERS(IA、ゆかり、メイコ、GUMI他)」付録「DTM講座」「機材紹介」他 [20210509]
[画像提供元:DLsite.com]
Tag: 淫語,評論,技術書,中出し,妊娠/孕ませ,淫乱,青姦,複数プレイ/乱交

作品の詳細

サークル名:宗教団体真メグデス
発売日:2021年05月09日0時
シリーズ名:【淫語,ボカロ】宗教団体真メグデス
イラスト:yuyu
音楽:ジャイアント・シュナイダー(ギター)/ミッキー・ハット(ベース)/木下桜子(キーボード)
年齢指定:18禁
作品形式:音楽
ファイル形式:MP3
ジャンル:淫語,評論,技術書,中出し,妊娠/孕ませ,淫乱,青姦,複数プレイ/乱交,
ファイル容量:527.38MB

作品の概要

淫語ボカロ特盛BOXセット 7th「BAD SISTERS」収録楽曲(参加ボカロ数:8体/全40曲)

※ 体験版で曲の試聴、付録の確認ができます。

■ BOX-01 (リードボーカル:メグ・ハルフォード)

07GM-01 All right / スピード・メタル
07GM-02 遊んでほしいの / J-POP
07GM-03 ミルクマン / ハード・ロック/ヘヴィ・メタル
07GM-04 カーマは生ハメ / 80年代ポップス

■ BOX-02  (リードボーカル:メイコ・イズモ)

07ME-01 zuko/bako  / 歌謡曲
07ME-02 雌犬のファックダンス /J-POP/ロック
07ME-03 おうちに帰ろう / ピアノバラード
07ME-04 ぎんぎらぎんのおちんぽで / 70年代ハード・ロック
07ME-05 雌犬のファックダンス~第二章 ドスケベやりまんまんこ / J-POP
07ME-06 Fuck me on the beat / ハード・ロック/ヘヴィ・メタル

■ BOX-03  (リードボーカル:イア・ギラン)

07IA-01 性処理伝説エクスカリバー / ジャパニーズ・アニソン系ヘヴィ・メタル
07IA-02 オナホドール・オブ・ユー / ジャパニーズ・アニソン系スラッシュ・メタル
07IA-03 バニラチョコレート / ニュー・メタル/ラップ・メタル
07IA-04 Slave in the celler /  ハード・ロック/ヘヴィ・メタル
07IA-05 オナホのように / ブルース
07IA-06 オリンピア / ハード・ロック/ヘヴィ・メタル
07IA-07 ロマンスが止まらない /  歌謡曲
07IA-08 チンポ・ボンバイエ / プロレス入場曲

■ BOX-04  (リードボーカル:ミク・ロンバート)

07MK-01 炎のファッカー / ハード・ロック/ヘヴィ・メタル
07MK-02 ハイスピードセックス / ネオクラシカル・メタル
07MK-02 Two hearts / AOR
07MK-03 変だよね / J-POP
07MK-04 I will~淫乱な花嫁 / ハード・ロック/ヘヴィ・メタル

07YK-01 インサート / プログレッシブ・メタル
07YK-02 種付けオジサン~エース・オブ・スペーズ ゆかり / ハード・ロック/ヘヴィ・メタル
07YK-03 タイガーマンコ / ヘヴィ・メタル・テクノ
07YK-04 新宝島 / J-POP
07YK-04 プリティマンコ / ブルース/歌謡曲
07YK-06 ラブファイアー / ハード・ロック/ヘヴィ・メタル
07YK-07 SEX SEX SEX / ハード・ロック/ヘヴィ・メタル

■ BOX-06  (リードボーカル:メグデス候補生)

07GK-01 モーニングセックス GAKUPO /  RB
07UA-01 ザリガニのブルース UNA  / ブルース/ヘヴィ・メタル
07UA-02 運命の女 ~ 生ハメチンポ UNA  / J-POP/パンク
D01-歌曲 愛とザーメンのファンタジア LUKA / アニソン
E2   ルカルカマンコフィーバー-ライブ-狂熱の両穴ファック-LUKA / ディスコミュージック

■ BOX-07  ボーカルグループ曲

07UN-01 野外セックス IA/GUMI スピード・メタル
07UN-02 ライバル IA/ゆかり スピード・メタル
07UN-03 Vのブルース IA/ゆかり ブルース/ロック
07UN-04 乱交 GUMI/ゆかり/UNA 70年代ハード・ロック
07UN-05 らぶまんこ GUMI/ゆかり/メイコ 歌謡曲

ボーカル紹介

【淫語ボカロ/ロック】宗教団体真メグデス「BAD SISTERS(IA、ゆかり、メイコ、GUMI他)」【全40曲】付録「DTM講座」「機材紹介」他 [宗教団体真メグデス]

メイコ・イズモ

メグデス淫語オーディションを一発で通過。その実力を認められ本作でデビューを飾るニューカマー。
体育会系のエッチなお姉さん。ビルドアップされた肉体から繰り出される淫語は強烈!
ファンキーなノリの良い楽曲からピアノバラードまで、情感豊かに歌い上げる実力者。
オーディションを一発で通過したその歌声と体を、来て、見て、触って、確かめてください。

リードボーカル曲:6曲

【淫語ボカロ/ロック】宗教団体真メグデス「BAD SISTERS(IA、ゆかり、メイコ、GUMI他)」【全40曲】付録「DTM講座」「機材紹介」他 [宗教団体真メグデス]

イア・ギラン

「史上最高の雌豚」「美神」と評されるブルースの女王。
1stアルバムでメグとともにデビューを果たすものの、「声が暗すぎる」との理由で転落。長きに渡って地下牢で肉便器として調教を受けていた。しかし、5th「PINK BLOOD」で見事、復活。圧倒的な存在感を示し、一気にセンターへ昇格した。
長い地下牢での調教経験に根付いた、暗くしっとりとした歌謡曲を得意とするが、アップテンポの楽曲においても、独特な歌いまわしで淫靡な世界観を構築することができる。

リードボーカル曲:8曲

【淫語ボカロ/ロック】宗教団体真メグデス「BAD SISTERS(IA、ゆかり、メイコ、GUMI他)」【全40曲】付録「DTM講座」「機材紹介」他 [宗教団体真メグデス]

ユカリ・シュマイケル

メグデス、エース格の一人。誰にも真似できない、聴き手に噛みつくような強烈な歌いまわし、さらに、その破天荒な私生活とステージングから「狂犬」の異名を持つ。
6th「ELZA」でデビュー。キーボーディストでありコンポーザーの姉エルザのプッシュもあり、いきなりアルバム全曲でリードボーカルを務めるという大抜擢を受け、見事、その大役を果たした。
日本最高の淫語ボーカリスト、メグをして「早口ではユカリには敵わない」と言わしめるほどの驚異的なスピードを誇る。
貧乳であるがゆえに身軽で、急速なリズムチェンジ、ハイスピードな変拍子にも難なく対応して腰を振ることができる。
「静のイア、動のユカリ」と対比される。
現在、イアと熾烈なセンター争いを繰り広げている。
本作「BAD SISTERS」でも、多数の高速ナンバーで「狂犬」ぶりを見せつけてくれている。

リードボーカル曲:7曲

【淫語ボカロ/ロック】宗教団体真メグデス「BAD SISTERS(IA、ゆかり、メイコ、GUMI他)」【全40曲】付録「DTM講座」「機材紹介」他 [宗教団体真メグデス]

ミク・ロンバート

メグデス最古参メンバーの一人。どこまでも伸びるロングトーンが武器。2nd「ふしだらな天使たち」で活躍。長らく、メグに次ぐセカンドボーカルの地位にあったが、パッとしなかった。そして「声が細すぎる」という理由で降格。今回は、4th「ボカロ話し方講座」以来、久々の参戦。層が厚くなったメグデスボーカル陣に対し、どのような戦い方を挑むか。
もともとルーズな性格で、リハーサルでも遅刻やすっぽかしは当たり前であった。
しかし、今回の参戦にあたっては、どのメンバーよりも入念にリハーサルをおこなって楽曲を仕上げてきた。再び、レギュラー入りなるか。
強固なファンの基盤を持つのが強み。

リードボーカル曲:5曲

【淫語ボカロ/ロック】宗教団体真メグデス「BAD SISTERS(IA、ゆかり、メイコ、GUMI他)」【全40曲】付録「DTM講座」「機材紹介」他 [宗教団体真メグデス]

メグ・ハルフォード

メグデス最古参メンバーであり、長きに渡ってセンターを務めていた。
日本史上最高の淫語ボーカリスト。スチュワート音楽大学大学院卒のインテリジェンスなボーカリストであり、さらに絶対音感を持つ。複雑なコーラスワークも難なくこなす。好きなボーカリストはフレディ・マーキュリー。
パワー、スピード、正確さ、知性、母性、可愛らしさの全てを兼ね備え、あらゆる楽曲に対応できる。
イアにセンターの座を譲ったものの、その技術力の高さからサイドボーカルに起用されることも多く、今なお、メグデス内で大きな権力を持っている。
あだ名は「ハルちゃん/覇王」。
本作は、リードボーカル曲は4曲と少なめだが、デュエット曲、グループ曲などでも、重要な役割を果たしている。

リードボーカル曲:4曲

【淫語ボカロ/ロック】宗教団体真メグデス「BAD SISTERS(IA、ゆかり、メイコ、GUMI他)」【全40曲】付録「DTM講座」「機材紹介」他 [宗教団体真メグデス]

【その他の参加ボーカリスト】
・ウナ
・LUKA
・がくぽ

※どのボーカルがどのような楽曲を歌っているかは、体験版の「楽曲一覧表」を参照してください。

キャラクターデザイン:
Yuyu

pixiv:

お楽しみ四大付録!

【淫語ボカロ/ロック】宗教団体真メグデス「BAD SISTERS(IA、ゆかり、メイコ、GUMI他)」【全40曲】付録「DTM講座」「機材紹介」他 [宗教団体真メグデス]

【DTM機材・セッティング紹介】(40頁)

ギタリスト、ジャイアント・シュナイダーが今回のレコーディングで利用したギターを中心に、レコーディングで使用した機材を一挙大公開。
どの楽曲でどのギターを使用したかの詳細なメモも公開。取り立てて高価な機材等はありません。ですから、これからDTM用にギターの購入を検討されているアマチュアの方には実践的な参考資料となるのではないでしょうか。でも、ご覧の写真のようにフライングVだらけです。

また「今回は会心のミックスだ!」という、サクラコ先生のミックス・マスタリング手法を紹介しています。

【淫語ボカロ/ロック】宗教団体真メグデス「BAD SISTERS(IA、ゆかり、メイコ、GUMI他)」【全40曲】付録「DTM講座」「機材紹介」他 [宗教団体真メグデス]

【木下桜子の感じるDTM講座 その5】(30頁)

わかりにくいと評判の、サクラコ先生のDTM講座。しかも!今回は講座を書き上げた後に、楽曲を大きく手直ししてしまい、結果、講座の内容と楽曲の間に大きな相違が出てしまい、ほとんどの原稿を「破棄した」というハプニングが発生!
しかし、それでも30頁ありますし、いくつかの曲については、詳細な解説がおこなわれているので参考にできる方は参考にしてください!

【淫語ボカロ/ロック】宗教団体真メグデス「BAD SISTERS(IA、ゆかり、メイコ、GUMI他)」【全40曲】付録「DTM講座」「機材紹介」他 [宗教団体真メグデス]

【IQ127の絶対美少女ミッキーのよくわかる「BAD SISTERS」】(50頁)

喋りだすと止まらない、IQ127のミッキーさんの楽曲解説。楽曲制作時に参考にした曲なども紹介しながら雑談を交えて、収録楽曲全てを解説。しかし、とにかく雑談が長いです。

【淫語ボカロ/ロック】宗教団体真メグデス「BAD SISTERS(IA、ゆかり、メイコ、GUMI他)」【全40曲】付録「DTM講座」「機材紹介」他 [宗教団体真メグデス]

【歌詞カード/ライナーノーツ(アナリス松岡)】

心をこめてPowerPointで制作した歌詞カード!参加メンバーが多いので、裸がいっぱいで華やかです。

「淫語ボカロでBeatlesを超える!」7thアルバム『BAD SISTERS』リリースに寄せて / 宗教団体真メグデス

このアルバムが40曲という、とてつもなく膨大な曲数になった理由はシンプルなんだ。
Beatlesは音楽史上に残る最高の2枚組アルバムを作ったよね?だから、オレ達は音楽史上に残る最高の4枚組のアルバムを作った。それだけさ。

ジャイアント・シュナイダー( gt. )

こんにちは。いつもニコニコ元気なマンコ、IQ127の絶対美少女ベーシスト、ミッキーです。
今回のニューあるアルバムは、なんと、ボーカルが計8人参加の40曲入りのボックスセット!
誰をニューアルバムのリード・ボーカルにするか悩んだんだけど、どうしても絞り込めなかったの。
結果、こんなとんでもない曲数のアルバムになっちゃった。捨て曲なんて、一切ないわ。
だって、私達は、今回参加してくれた、全てのボカロを愛しているもの。捨て曲を歌わせることなんてしない。

メグは間違いなく、日本最高のボーカリスト。でも、このアルバムを聴いてくれたファンの
みんなならわかると思うけど、ユカリもイアも力をつけてきているし、新加入のメイコも実力者よ。

その他のボーカリストも、チャンスがあれば、一気に上位に食い込むだけの力は持っている。
誰が、誰を勃起させるかは神のみぞ知る。淫語ボカロの世界は甘くないからね。
男を射精させるには、時には、大きな「運」が必要な場合もある。

私達メグデスは、彼女たちのことを全員愛しているけど、特定のメンバーに肩入れすることはしない。
私達は、ただ、舞台を整え、彼女たちが無事ファンに犯されることを
リングサイドから見つめて祈るしかないの。
「どうか、彼女たちの肉穴が、無事ファンのチンポを射精させてくれますように」ってね。

ファンのみんな、メグデスのことは嫌いになっても、彼女たちのことは嫌いにならないで!
彼女たちは、ただ、チンポが欲しいだけなの

Stay hard fucking!

ミッキー・ハット ( ba.)

キーボードの木下桜子です。私がリーダーを務めています。ですから、このアルバムが40曲入りにボックスセットになったのも、全て私の判断です。いつもより、価格が少し高いですが許してください。ただ「絶対損はさせません!最高のアルバムを作りました」と言わせてください。

私としては5thアルバムの「PINK BLOOD」で、私がやりたい音楽は、全部やり尽くしたと感じていたんです。だから、これからはエルザ・シュマイケルさん(key)のサポートとして、アレンジに徹しようかなと思ってました。ミッキーさんも、ジャイアントさんも「それで良い」ということで合意がありました。そうして完成したのが6th「ELZA」です。しかし、その後、エルザさんが脱退してしまい、メグデスの活動は、宙ぶらりんになってしまいました。どうしようか、色々考えました。結論としては「やはり、メグデスを続けよう、続けたい」ということになりました。エルザさんの曲をアレンジしているうちに「まだ、淫語ボカロの枠組みで、やれることは色々あるな」と気づいたんです。「もう、私にアイディアはない」と思っていたんですが、「まだやれる、もっとやってみたい」という気持ちに変わってきたんです。それで、ミッキーさんと色々な音楽をチェックしはじめてですね。何か音楽的なヒントがないかなと探し始めたんです。一番チェックしたのはブルースかもしれないです。あとは、昭和歌謡曲です。今回のアルバムは、そういう影響が強いですね。「ブルースや歌謡曲に影響を受けたサウンド」というと、地味な印象もあるかもしれませんが。しかし、現代的な耳で聴いても勃起していただけるよう創意工夫したつもりです。また、メグデスの骨子であるメタル曲も、これまでになく、ヘビーでメロディアスで、勃起していただけるものに仕上げたつもりです。長くバンドをやっていると紆余曲折色々ありますが、ここに来て、メグデスの原点に返りつつも、メグデスを大きく前進させることができたのではないかと思います。

アルバムが40曲入りになったのは、色々な理由があるのですが。これまでファンに支持していただいたようなメタル楽曲も収録しつつ、かつ、今のメグデスがやりたいブルースや歌謡曲など、ちょっと落ち着いた曲も収録したかったんです。メタル楽曲というのは、世界中のあらゆるプレイヤーがしのぎを削ってギターの早弾きとドラムの高速ツーバスで戦っていています。淫語ボカロ宗教団体である我々が、ピュアメタルのリングに上がって、彼らと正面衝突しても意味がないと思ったんですよね。それは、メグデス結成当初からずっと思っていることですけど。なので、メタルをベースとしつつも、他の音楽的要素も取り入れつつ、「淫語ボカロ宗教団体」である我々にしかできない世界を切り拓きたいと思いました。それをメンバーと試行錯誤しているうちに、曲数もどんどん増えました。とてもポップな楽曲もありますし、ブルースもあります。また、試行錯誤の結果、メタル楽曲についても、普通一般のメタル曲とは異なる、一癖、二癖ある、聴きごたえのある仕上がりになったのではないかと自負しています。「これは何かが違う!」というような。

コロナ禍ということもあって、私は一年間ほど、自宅でじっくりと音楽に向き合いました。また、私はエンジニアリングは素人ですけど、素人ながら、かなりミックスも研究しました。これまでのメグデスのアルバムの中で、最高のサウンドになったと思います。ぜひ、聴いて、勃起してください!

木下 桜子 ( key. / 宗教団体真メグデスリーダー)

圧倒的な質と量の壮大なハーレム、それがメグデスのニューアルバム「BAD SISTERS」の正体だ!/ 解説:アナリス松岡

「やれやれ、困ったことになった」
ニューヨークのオフィスのデスクで僕はそうつぶやいた。コロナが音楽業界に与える影響は深刻だ。僕のような稼業の人間は、音楽が衰退すれば仕事がなくなる。しかし、コロナは僕から仕事を奪うことはできても、ペンを奪うことはできない。時代がどうなろうとも「書くことがなくなる」ことはないのだ。さて、これからは、何を書いて生きていこうか。
「やれやれ、困ったことになった」
もう一度、そうつぶやいた。ノートパソコンの画面には、メグデスのニューアルバムのマスターファイルがある。ニューアルバムの曲数は40曲…。ニューアルバムをボックスセットでリリースする気らしい。一曲、5分だとしても全て聴くためには、3時間半。映画を観るより長い。しかしまあ、不幸中の幸いか、今の僕には差し迫った仕事がない。腹を括って連中のアルバムと向き合ってみるか。

これまでも、メグデスはアルバム一枚の中に、ときには20曲を超える曲数をギッシリと詰め込んでいた。ありあまるパワーがあるのだろう。コロナ禍も「ネットでの音楽活動」を軸とするメグデスには、全く影響がないようだ。もともとメグデスは、他の一般のバンドと比較して、楽曲制作に割く時間量が圧倒的に豊富なのだ。その上、さらにコロナである。メグデスのメンバーが膨大な時間的リソースをアルバム制作に費やしたのは、想像に難くない。
木下(key.)はLINEで「外出できなくなったので、時間があり余っちゃったんですよ。ミッキーさんは、コロナにかかって隔離生活で大変みたいですけど、特に体調が悪いわけではないらしいので『集中して作業するにはちょうどいい』って言ってました」と僕に伝えてきた。第一子が産まれて「もう、今までのような音楽活動は難しい」と漏らしていたミッキー(ba.)だが、意外な形でアルバム制作のための時間的リソースが捻出できたというわけだ。
2018年頃、「宗教団体真メグデスはライブはやりません。ネット活動だけのバンドなんです」と紹介されたときは「そんなバンドでやっていけるのか?」と思ったものだが。しかし、このような状況になると、メグデスには先見の明というか、予知能力めいたものがあるようにすら感じる。ダテに『宗教団体』を名乗っているわけではないのだなと苦笑してしまう。

そんな僕のひねた苦笑は、1曲目「All right」にぶっ飛ばされることになる。
ガンマ・レイのように強烈な高速ビートに乗って、メグの壮大なコーラスがこだまする。
「おお、ちんぽ~」
木下の構築する「完全、完璧」なストリングスのアンサンブルが宙を舞い、その下を、IQ127 の絶対美少女ベーシスト、ミッキーが構築したリズムセクションが駆け抜けていく。痛快だ。
そして、ブライアン・メイを彷彿とさせる、多重録音を駆使したジャイアントの重厚なギターアンサンブルが聴き手を「美の極致」へと誘う。静から動へ、闇から光へと…。これは、人類に対する啓示なのだろうか。全ての「音」が躍動している。これが、コロナ禍において、メグデスが到達した新たな音の次元なのだ。

40曲は、一般のバンドであれば膨大な曲数ではあるが、メタル、ジャズ、ポップス、歌謡曲、ブルース。ありとあらゆるジャンルを融合させられ、かつ、メンバー全員が作詞・作曲をこなせるメグデスにとっては、それぐらいの曲数を生産することは、それほど困難なことではないのかもしれない。

曲は、ボーカルごとに7つのBOXに区切られ収録され、ひとつひとつのBOXが「ミニアルバム/アルバム」として成立するようシャープにまとめられており、冗長めいた印象は一切ない。どのBOXにも「キラーチューン」と呼べる楽曲が潜み、要所をピシッと締めている。というよりも全体を通して「捨て曲」と呼べるようなものは見当たらない。まるで、ベスト盤ではないかと錯覚させるほどの良曲、佳曲の応酬だ。
「音楽史上に残る傑作だ」と木下が胸を張る楽曲「インサート」は、これまで誰も体験したよう性体験に聴き手を誘ってくれる。本曲には、女性の激しさ、優しさ、いやらしさの全てが濃厚に詰め込まれ、まぶしいばかりの光を放っている。
「良い曲」の定義は難しいが、本アルバムの楽曲は「良いメロディーの曲」というだけではなく、これまで誰も試みなかったような、度肝を抜くような鮮烈なアレンジが随所に散りばめられているのが特徴だろう。
プログレッシブ・メタルの大家、Dream Theater以来の音楽的衝撃と評しても良いのではないか。天才・木下のメロディーセンスと、IQ127 のミッキーの構築するリズムセクションが、ウネリをあげて絡み合っている。変拍子を多用するあたりは他のプログレッシブ系バンドと類似している。しかし「セックスの腰の動きをイメージして構築する」という、メグデスのリズムセクションには文科系的な小難しさがなく、むしろ、体育会系、ウェーイ系の直線的なスピード感と激しさをもつのが大きな特徴だ。
メグデスは日本音楽史上最強の「淫語バンド」として、これまでも数々の音楽的な実験をアルバムで試みてきた。しかし、今回はもはや「実験」などではない。もはや、メグデスは音楽的新兵器を「完成」させてしまったのだ。強烈な音の爆撃が、次々と聴き手に襲いかかってくる。とはいえ、メグデスは「先進的なバンド」というわけでもない。過去のアルバムでも、演歌や童謡のサウンドを追求していたように、ある意味「保守的過ぎる」ぐらい保守的な一面もある。今回は「古典的なブルース」が大きく取り上げられており、イアとユカリの二人が、それぞれのブルースのスタイルで「おまんこ、おちんぽ」と歌い上げている。イアは艶っぽく、ユカリはおおらかに。ブルースのリズムに乗って、双方がそれぞれの「女の顔」を見せてくれている。

ニューアルバムには、8名のボーカルが参加しており、各自がそれぞれのスタイルで股を拡げ、胸を揺らし、激しく腰を振り、喘いでいる。ミッキーとジャイアントは「我々はこのアルバムで、Beatlesを超えた」と言っているらしい。なるほど、メグデスらしい不遜な態度だ。メグデス自身も、アルバムの仕上がりにエキサイトしているのだろう。Beatlesは、メンバーがそれぞれの音楽的指向がバラバラになりすぎ、それをバンドとしてアルバム一枚にまとめることが困難となり、2枚組の「ホワイト・アルバム」を発表したという経緯がある。「ホワイト・アルバム」は傑作ではあるものの、散漫な印象があることは事実だ。一方のメグデスは、嫁や姉や妹が増え過ぎて一軒家から長屋に引っ越したという感じだろうか。ひしめく女体の数に、我々は圧倒される。しかし、女性の数が増えて「散漫だ」と嫌がる男性がいるだろうか?否、いない。メグデスがこのアルバムについて「Beatlesを超えた」とコメントしているのは、つまり、そういうことだ。ただの楽曲は増え過ぎると理解に困るが、女体は多ければ多いほど良い。メグデスはBeatlesが築いた巨大な壁を、掟破りの方法で乗り越えてしまったのだ。圧倒的な質と量の壮大なハーレム、それがニューアルバム「BAD SISTERS」の正体だ!僕達はただ、メグデスが用意してくれた、この女の園の中へと突入し、彼女たちの肉穴をオナホ代わりとして、ただ腰を振れば良いのだ。

僕達は時代や環境の変化に抗うことはできない。しかし、それでも僕達の股間のマイクに萎えている暇などない。僕らもまた、メグデスと共に、歌い、叫び、ファックし続けなくてはいけないのだ。本作「BAD SISTERS」は僕らに、そう呼びかけている。

2021/5/4 アナリス松岡

raw dlサイト Torrent ダウンロード

527.38MB


ダウンロードの方法